バストアップのために【バスタイム】を有効活用!



1日の疲れをとるためにも、ゆっくりと湯船に浸かりたい方は多いでしょう。
そんなバスタイムをバストアップのためにも有効に使ってみてはいかがですか?

バスタイム中に使いたいアロマや、バスタイム後にオススメのマッサージ方法などをご紹介します。

入浴はバストアップするうえで大切!


普段は湯船にしっかりと浸かっている方でも、夏は暑さから湯船に浸かることを避けることが多くなることでしょう。
しかしシャワーだけで済ませてしまうと、体が十分に温まりません。
体が温まらないことで血液の巡りが悪くなり、全身に栄養が行きわたらなくなってしまいます。

そのためにも、季節問わず湯船に浸かることを心がけましょう。
体が温まることで血液の巡りがよくなりますし、バストにもキチンと栄養が届くようになります。

バスタイムにアロマをプラスしバストアップ!?



バストアップを目指すなら、バスタイムにアロマをプラスすることをオススメします。
バストアップには女性ホルモンの分泌が欠かせません。

アロマの中には、女性ホルモンに働きかけるものがあります。
アロマなどの香りは、脳にダイレクトに働きかけるといった作用が期待できます。
そのため、脳からの指令により分泌される女性ホルモンにとって、アロマは強い味方となってくれるでしょう。

ゆっくりと体を温めつつ、アロマの香りを楽しんでバストアップを目指してくださいね!

■バスタイムにオススメのアロマ

・ネロリ
ネロリに含まれている成分の1つ、ネロリドールには女性ホルモンと似たような作用があると言われています。
そのため、バストアップだけでなく月経前症候群などにも効果的です。

さらにネロリの香りにはリラックス作用ストレスを緩和する働きがあると言われているため、なかなか寝つけない方にもオススメです。

・ゼラニウム
ゼラニウムは女性ホルモンバランスを整える作用が期待できます。
それだけでなく、ゼラニウムの甘くて爽やかな香りは、落ち込んだ気持ちを明るくしてくれるパワーを秘めています。

このようなアロマをバスタイムに使うときは、バスソルトと組み合わせて使うのがオススメです。
バスソルトには体を温める働きが期待できるため、よりバストアップに働きかけてくれるでしょう。
バスソルト(大さじ3)に対してアロマオイル(5滴)を目安にしてください。

■バスタイム後は、バストアップマッサージを


バスタイム後は、バスト専用のクリームを使ってバストアップマッサージを行うようにしましょう。
体が温まっている時にマッサージを行うことで、バストにハリやツヤが生まれやすくなります。

■バストアップマッサージ方法
左側のバストをマッサージするときは右手を使い、右側のバストをマッサージするときは、左手を使うようにしましょう。


1、左のバストの下から右手でバスト全体を持ち上げるように、谷間を通り右側のバストの上側へとマッサージします。
2、右のバストも同様に左手でマッサージします。
3、左右交互に行うことで、8の字を書くようにマッサージしましょう。

毎日のバスタイムでゆっくりと体を温めるだけでなく、アロマの香りとマッサージでバストアップを目指しましょう!

資料提供:池田ゆう子クリニック