運動嫌いでもOK! 壁エクササイズで全身すっきり!

運動嫌いでもOK! 壁エクササイズで全身すっきり!


何とか体重を減らしたいという人や、引き締まったボディラインを手に入れたいという人は多いです。
しかし運動が苦手で、ダイエットを決意してもなかなか続かないなんてことも珍しくありません。

そこで今回は手軽に取り組めて、さらには長続きする、壁を利用して行うエクササイズを紹介します!

壁エクササイズは腰回りを中心に全身に効果的!

壁エクササイズは腰回りを中心に全身に効果的!


壁を利用して行う「壁エクササイズ」は、腹筋や腕立て伏せのようにツラいトレーニングとは少し違います。
壁を使うことで少しのパワーでトレーニングすることができ、さらに全身の筋肉も使用するため、腰回りを中心に全身のボディラインの引き締めにも効果的です。

いくつかのエクササイズを組み合わせることで、よりダイエット効果を高めることも可能です。

壁ブリッジでポッコリお腹を引き締める!


■方法
1. 壁に足の裏を当てた状態で横になります。
2. そのまま足で壁を伝って3~4歩上に進みましょう。
3. 理想は手の先が壁につくくらいの距離ですが、次の運動でお尻を上げやすい距離となるように調節してください。
4. そのままゆっくりとお尻を持ち上げ、20回ほどお尻を上げ下げさせます。

ポッコリお腹だけでなく、背筋やお尻、足の筋肉も使うので、全身を引き締めることができます。

下半身には開脚エクササイズ!


■方法
1. 壁にお尻をつけて仰向けで寝転がります。
2. 両足をそろえた状態で、壁に沿うように上げます。
3. 右足はそのまま上方向に上げたままにし、左足は左方向におろします。
4. 90度ほどの角度で開脚し、10秒ほどキープしましょう。
5. 10秒たったら左足を上に、右足を下にスライドさせるように移動し、同様に10秒ほどキープしましょう。
6. 20回ほど繰り返します。

下半身のむくみ解消と、お腹周りをすっきりさせる効果が期待できます。

壁スクワットは負担が少ない!


壁に背中をつけた状態で行うスクワットです。
やり方は壁に背中をつけていることが違うだけで、あとは通常のスクワットと同様です。

■方法
1. 足は壁から1歩前へ出て肩幅に開き、背中を壁につけたまま、ひざが90度に曲がるまでゆっくりとお尻を下げていきます。
2. お尻を下げた状態で5秒ほどキープしたら元の姿勢に戻りましょう。

壁スクワットなら、姿勢良くスクワットをすることができるので、腹筋はもちろん背筋も効果的に鍛えることができます。
また太ももやお尻をすっきりさせる効果もあるため、継続させたいエクササイズです。

さらに、バランスボールを持っているという人は、背中と壁のあいだにバランスボールを挟んだ状態でスクワットをするのもおすすめ。

運動嫌いでも、壁に寄りかかるようにエクササイズができるなら行うためのハードルは低いですよね。
無理ない範囲で楽しみながら行いましょう。

資料提供:池田ゆう子クリニック