歩き方で理想のスタイルに! 下半身太りを解消する歩き方って?

歩き方で理想のスタイルに! 下半身太りを解消する歩き方って?



下半身太りが気になる方の中には、部分的に痩せる方法を探している方もいるかもしれません。

しかし、理想的なスタイルを目指すためには、身体全体のバランスを整えることが大切なポイントとなります。

そして、今回ご紹介したいのが下半身太り解消のための「歩き方」。
実は、歩いているときの癖や体勢が下半身太りを招いていることもあるのです。
歩くときの正しい筋肉の使い方や、正しい歩き方を詳しく見ていきましょう。

背中の筋肉を意識しながら正しい姿勢で歩く

姿勢が悪いと骨格に歪みが生じるため、体型が崩れやすくなります。
下半身太りが気になっている場合、つい下半身のみのケアに意識を向けてしまいがちですが、均整の取れたプロポーションを目指すためには、正しい姿勢を保つことが大切なポイントとなります。

また、悪い姿勢で歩くと下半身に負担がかかるため、余分な肉がつきやすくなってしまいます。
歩くときには「正しい姿勢でいるかどうか」ということを常に意識すると良いでしょう。
正しい姿勢で歩くことで、下半身太りの解消を目指すことができます。

正しい姿勢で歩くためには、まず背中の筋肉に意識を向け、背筋を伸ばして顎を引きます。
そして、片方の足を一歩前に踏み出したら、かかとから着地するように意識しましょう。
それと同時に、かかとを軸にして、後方の足を地面から離すようにします。

日常的に正しい歩き方を意識することが、下半身太り解消のための近道となります。
慣れるまでは背筋や足の動かし方に注意して歩くようにしましょう。

お尻と太ももの筋肉を意識しながら歩く

だらだらと足を運ぶような歩き方は、お尻の筋肉が緩みやすくなるので注意が必要です。
お尻の筋肉が緩むことで、お尻が下がり気味になります。それだけではなく、筋肉が緩むことによって骨盤が広がると、太ももまでも太くなってしまうのです。
お尻の筋肉は太ももの筋肉と繋がっているため、歩くときにこれらの筋肉を意識することで、引き締まった下半身を目指すことができます。

お尻や太ももの筋肉を意識しながら歩くときのコツは、まず、正しい姿勢でお尻の筋肉をキュッと引き締めるようにして立ちます。

次に、片方の足を一歩前に踏み出したとき、つま先がやや外側に向くようにして、かかとから着地するようにします。
また、歩くときに太ももの内側の筋肉に意識を向け、少し力を入れるようにするのもポイントの1つです。

ふくらはぎの筋肉を意識しながら歩く

ふくらはぎの筋肉を意識しながら歩く

さまざまなストレス解消法がありますが、お金もかからずどこでも行えるストレス解消法のひとつに、深い呼吸をするということがあげられます。


ふくらはぎの筋肉は、リンパ液を上半身に戻すポンプのような役割を担っているのですが、ふくらはぎの筋肉があまり使われていないことで、足がむくみやすくなってしまいます。

足の裏を引きずるような歩き方は、ふくらはぎの筋力の低下に繋がります。
できるだけ、ふくらはぎの筋肉を使いながら歩くようにすると、リンパの流れをサポートすることができるので、理想的なスタイルを目指すことができますよ。

ふくらはぎの筋肉を使う歩き方は、地面からかかとを上げるときに、後ろにしっかり蹴りだすこと。こうすることで、ふくらはぎの筋肉が引き締まります。

歩き方の癖によって、下半身が太る原因にも違いがあります。
人によって下半身太りの原因に違いがあるので、まずは、自分の歩き方を見直すことが大切です。
正しい歩き方を身につけることで、下半身太りを解消へと導くことができるのです。
普段から正しい歩き方を心掛けて、少しずつ理想のスタイルを目指していきましょう。
資料提供:池田ゆう子クリニック