都道府県でバストサイズに差が出る!? 平均バストサイズは何カップ?

柔らかいバストを叶えたい! 硬いバストになる原因とは?

豊かで美しいバストは女性の憧れの的です。
持って生まれたバストの大きさが全てではありませんが、実は都道府県によって平均バストサイズに違いが生じるのも事実です。
いったい、なぜ地域ごとに平均バストサイズが異なってくるのでしょうか。

ここでは、都道府県の平均バストサイズに焦点を当ててご紹介します。

平均バストサイズが豊かな都道府県はどこ?

都道府県別の平均バストサイズについてアンケート調査をしたのが、セクシャルヘルスケアで人気のエルシーラブコスメティックです。

独自のアンケートによると、都道府県の約70%以上もの割合で平均バストサイズがB~Cサイズという結果がでています。
このことから、日本人の女性の平均バストサイズがB~Cということが明らかになりました。

この日本人の平均バストサイズをもとに都道府県のバストサイズを比較してみると、奈良県・大阪府がDカップ、岐阜県・京都府がEカップという結果に。
それにより、日本のちょうど真ん中にあたる近畿地方が平均バストサイズの豊かな地域だということが分ります。

都道府県で良く食べられている物によって平均バストサイズに違いが出る

バストの左右のバランスを整えるための対策方法

バストの大きさは遺伝的なものだけではなく、実は食べ物に左右されることがあります。
平均バストサイズが豊かな近畿地方のひとつ三重県は、47都道府県の中で最も豆腐の消費量が多い地域だという調査結果が出ています。
(平成27年における調査結果 引用元「地域の入れ物」)

豆腐の原料といえば大豆。大豆にはイソフラボンが含まれており、女性ホルモンのひとつエストロゲンと似た働きをすることからバストの美しさを維持するのに欠かせない成分として注目されています。
豆腐をよく食べている地域の女性が豊かなバストをしていることには、このような秘密があったのですね。

また、東日本と西日本の平均バストサイズを比較すると、西日本の平均バストサイズの方が大きいという結果が出ています。
その理由として、温かい地域でとれる食べ物の中にザクロなど女性ホルモンを促す成分を含むものがあることが考えられます。

理由の全てとは言わなくても、こういった面でもバストの大きさに違いが出ているといえるでしょう。

都道府県によってバストを豊かにするためのケアが存在する!

都道府県別に行ったアンケートの中に「バストケア方法は何をしていますか?」という質問があります。
その調査結果では、平均バストサイズが大きな地域ほどバストマッサージをしている方が多いという結果が出ているのです。

このような結果が出たことで、毎日のケアによって豊かなバストを目指せるということが分りますね。
バストマッサージにより、血液の流れやリンパの流れを促すことができれば老廃物が外に排出されやすくなり、必要な栄養がバストに行き渡るようになるでしょう。
それにより、バストアップが期待できるのです。

豊かなバストを目指すためには、必要な栄養素をとりながらマッサージによって老廃物を外に排出することが大切です。
バストアップにつながる食習慣にしたり、マッサージを行うようにすることで、理想のバストに近づけてみてはいかがでしょうか。


資料提供:池田ゆう子クリニック