お酒はバストアップの敵? アルコールと女性ホルモンの関係性

酒はバストアップの敵? アルコールと女性ホルモンの関係性

「お仕事帰りに同僚と一杯」
「友人と美味しいお酒を探すのが趣味」

大人の女性にとってお酒は身近な存在といえるでしょう。
お酒を飲むことでバストアップに良い効果が期待できる一方で、アルコールの取り方を間違ってしまうとバストアップを妨げる恐れがあるのです。

一体アルコールとバストアップはどのような関係なのか、さっそく見ていきましょう。

お酒がバストアップを妨げる理由

肝臓にはお酒に含まれているアルコールを分解する働きがあります。
それだけでなく、肝臓はバストアップと深い関係のある女性ホルモンを代謝するために欠かせない臓器のひとつ。

お酒を過剰に摂取してしまうとアルコール分解に働きが集中してしまい、古い女性ホルモンを分解する余力がなくなってしまいます。
その結果、体内に古い女性ホルモンが残り続け、新しい女性ホルモンの分泌が行われにくくなってしまうことに。
女性ホルモンが古いままだと乳腺への働きかけが弱まり、バストアップに繋がらなくなってしまうのです。

さらに、お酒を飲むと睡眠の質が下がりがち。
睡眠の質が下がることで、睡眠中に女性ホルモンや成長ホルモンが十分に分泌されなくなりバストアップを阻んでしまうのです。

このようなことから、お酒を過剰摂取することはバストアップを妨げることになってしまうといえるでしょう。

お酒がバストアップを助けるのも事実

お酒は過剰摂取しなければバストアップに役立ってくれます。
その理由はお酒を飲むことで血行を良くしたり、ストレス解消に繋がったりするため。

血行が良くなればバストに必要な栄養が届きやすくなりますし、ストレスを解消できれば脳への負担が減り女性ホルモンも正常に分泌されやすくなるのです。

バストアップに繋がるお酒の適量とは?

お酒は過剰摂取しなければバストアップをサポートしてくれるものだといえるでしょう。
厚生労働省によると、日本人にとって適量のお酒は以下の量になります。

●ビール……中ビン1本
●日本酒……1合
●ワイン……1/4本
●ウィスキー……ダブル1杯

また、「昔はお酒に弱かったけど、飲んでいたら強くなったから大丈夫」という方もいますが、これは決してアルコールの分解能力が上がったわけではありません。
あくまでの脳が耐性を得ただけで、分解力は生まれ持った状態のまま。
そのため、肝臓が疲弊している恐れもあるので注意しましょう。

週2日は休肝日を設ける、ノンアルコール飲料を取り入れるなど自分の体に合った飲み方をすることが大切です。

お酒がバストアップを助けるのも事実

バストアップにおすすめのお酒は赤ワイン!

数あるお酒のなかでも赤ワインはバストアップ効果が期待できます。
赤ワインに含まれているポリフェノールには女性ホルモンと似た働きをするものや、血行を促す働きがあるためです。
ポリフェノールを効果的に取り入れたいなら、フルボディの赤ワインを選ぶようにしましょう。

さらにバストアップを後押したい場合は、赤ワインと一緒にチーズやナッツ類をいただくのがおすすめです。
チーズにはバストアップに欠かせない脂肪やたんぱく質が、ナッツ類には不飽和脂肪酸が含まれているため血行促進が期待できます。

正しいお酒の飲み方を身につければ健康だけでなくバストアップにも繋がるのです。
まずは、自宅で飲むときや友人や知人とのお酒の席で量を調節することから始めてみてはいかがでしょうか。
血行が良くなればバストに必要な栄養が届きやすくなりますし、ストレスを解消できれば脳への負担が減り女性ホルモンも正常に分泌されやすくなるのです。
資料提供:池田ゆう子クリニック