豊かな胸は誰のもの?授乳後もふっくら美乳を保つコツ

豊かな胸は誰のもの?授乳後もふっくら美乳を保つコツ


女性の胸は不思議です。妊娠し出産すると、
授乳中は見違えるほど大きく立派なバストになります。
普段よりも1~2サイズアップするのが平均的ですが、
中にはAカップがEやFくらいになる人もいます。

ふっくらとした豊かな胸は、男性だけでなく、
女性にとってもあこがれなのではないでしょうか。

ですから、特に普段貧乳に悩んでいた人は、妊娠、出産によって
サイズアップするとうれしく感じることでしょう。
ところが、卒乳・断乳した途端、嘘のように小さくなってしまいます。

この時、しぼんで元よりサイズダウンしてしまう人や
バストの移置が垂れ下がってしまう人も少なくありません。
でも、これを「赤ちゃんに授乳するという本来の役目を終えたのだから仕方がない」などと
言い訳してあきらめてしまってはもったいない!

きちんと美しい形を保ったまま元に戻している人もいるのですから、秘訣を探ってみませんか?
きれいな形をキープしつつ、元に戻すように頑張ってみましょう。

なぜ授乳中は胸が大きくなって卒乳すると小さくなるの?

なぜ授乳中は胸が大きくなって卒乳すると小さくなるの?

妊娠中や授乳中の胸が普段よりも大きくなるのは、
赤ちゃんに与える母乳をたくさん作ろうと乳腺の働きが活発になり、
身体の脂肪も胸に集まりやすくなるからです。

乳腺の働きが活発な人ほど、胸は大きくなり、
母乳の量も多くなりますが、急激に大きくなった胸は
大きく膨らんだ風船のように皮膚が引き延ばされて薄くなっています。

出産後の母体は、母乳を与えていてもいなくても、
常に母乳を作り続けています。

しかも、赤ちゃんが飲んでくれた分だけ作るというのではなく、
乳腺の働き次第で、余分であっても大量に作ってしまいます。
お乳が張って痛いというのは、
それだけ乳腺の働きが活発な状態だという証拠です。

やがて赤ちゃんが離乳食を摂り始め、母乳を飲む量が減ってくると、
作られる量も減ってきて卒乳となるのですが、
時期を決めてむりやり断乳している人も少なくないでしょう。

徐々に作られる量が減るか、一気に減るかでたるみ方が違ってきます。
急に母乳を作るのをストップさせると、
急激なダイエットでお腹の皮がたるむのと同じようなことが胸でも起こってしまうのです。

卒乳後も美乳を保つには母乳の量を調整することが大事!

卒乳後も美乳を保つには母乳の量を調整することが大事!

急激に母乳を作る量を減らしたらしぼみやすいということがわかりましたが、
それならどのような対策をすればよいのでしょうか?

美乳を保つという観点からすれば、
自分の身体で作る母乳の量を調整するようにすることが大事と言えるかもしれません。

もちろん、母乳をできるだけ長く飲ませることは、
赤ちゃんにとっても母体にとってもよい部分はあります。
母乳を与えている間は、食べた分の栄養が母乳に行きやすいので、
太りにくいというメリットもあるでしょう。

しかし、どんどん母乳を作って胸に脂肪と付け過ぎると、
急に母乳をつくらなくなったとき、反動が大きくなります。

赤ちゃんに母乳を与えれば、その分作ろうとする働きが活発になりますから、
作られ過ぎないように速いうちから調整することは必要になります。

お乳が張って痛むような場合は、冷やしてあまり作られないようにしましょう。
絞ってしまうと、飲ませているのと同じことになってしまうので、絞りすぎには注意するようにします。

マッサージと大胸筋エクササイズでバストアップを

マッサージと大胸筋エクササイズでバストアップを

産後のバストケアには、マッサージとエクササイズが効果的です。
マッサージは難しい物ではなく、気軽に簡単にできるものを毎日続ける方がよいでしょう。

入浴中か入浴の直後の血行が良くなっているときに行うとより効果が出やすくなります。
マッサージの方法としては、入浴中であればせっけんやボディソープを泡立てて、
入浴後であればマッサージクリームを使って行います。
手の動きは外から内、下から上に向け、両手で円を描くようにマッサージします。

回数は10~20回ほどでよいので、毎日の習慣にしましょう。
エクササイズは、大胸筋を鍛える運動を選んで行います。
プッシュアップやベンチプレス、プルオーバーなどが大胸筋を鍛える運動ですが、
授乳中ということを考えると自宅で簡単にできる運動がよいでしょう。

膝をついた状態での腕立て伏せや、ダンベルを用いた運動など簡単にできるものを、
こちらも毎日数十回ずつ続けるようにします。

ナイトブラの着用で美乳キープを

ナイトブラの着用で美乳キープを

卒乳後もきれいなバストを保つためには、マッサージやエクササイズだけでなく、
ナイトブラを着用することもおすすめです。

授乳の回数が多く、夜中も起きて授乳しなければならない時期には、
すぐにあげられるようにブラは外して楽な格好でと考えがちですが、
そんな時期こそナイトブラが大事なのです。

先に授乳期が終わると胸がしぼむ理由は述べましたが、
垂れやすいのにも理由があります。

大きな胸や乳腺を支えているのが大胸筋やコラーゲン繊維の束である
クーパー靭帯なのですが、クーパー靭帯は胸が大きくなるのに合わせて伸びてしまいます。

この靭帯は一度伸びてしまうと元に戻らないため、
いかに伸びを少なくするかというのが、胸の垂れを防止するには重要になってくるのです。

夜間横になると、胸は重力に引っ張られて横に流れます。
そうするとクーパー靭帯も引っ張られて伸びてしまうので、
それを防ぐためにも最も乳腺が活発に働き、
胸が大きくなっている授乳初期からナイトブラの着用が必要になってきます。

も毎日数十回ずつ続けるようにします。

出産直後から始めるのが一番の対策!

出産直後から始めるのが一番の対策!

出産前と比べると胸が大きくなる授乳期。
見た目の大きさだけでなく重さもかなり重くなります。

その大きくなった胸を支えるのが大胸筋であり、クーパー靭帯です。
妊娠中から1~3年ほどの間、無防備な状態で置いておくと、大胸筋にはかなりの負担がかかり、
クーパー靭帯も伸びきってしまいます。

それが、卒乳、断乳後、しぼんだり垂れ下がったりすることにつながるため、
授乳中も面倒くさがらずきちんとバストケアをしておきましょう。

夜中に何回も起きて授乳している時期は、体力的にも精神的にもつらい時期かもしれませんが、
授乳期が終わって、子どもと出かけられるようになったとき、
おしゃれして出かけようと思ったら、きちんと美乳を保っておいた方が着たい服もきれいに着こなせますよね?

エクササイズもマッサージも、ナイトブラの着用も、
習慣にしてしまえばそれほど難しくはなさそうです。

子育て同様、バストケアも楽しみながら続けてみましょう!
胸を大きくする5つの方法はこちら

資料提供:池田ゆう子クリニック