知っておきたい! 生理中のバストアップサプリ服用はNGってホント?

知っておきたい! 生理中のバストアップサプリ服用はNGってホント?

飲むだけでバストアップが叶うというバストアップサプリは、胸の悩みを抱える女性の強い味方ですよね。
しかし、バストアップサプリの中には生理中の服用がNGといわれているものもあるので、服用方法には十分な注意が必要です。

生理中には本当にバストアップサプリの服用を控えたほうが良いのでしょうか?
バストアップサプリが生理中の体に及ぼす影響や、バストアップサプリの正しい飲み方についてチェックしておきましょう。

バストアップサプリと女性ホルモンの関係<

バストアップサプリにはさまざまな種類のものがあり、含まれている成分にも違いがあります。
女性ホルモンのエストロゲンを擬似的に増やしてくれる働きをもつバストアップサプリは多いもの。
例えばプエラリアというバストアップサプリには、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンが多く含まれています。
植物性エストロゲンと呼ばれるイソフラボンは体内のエストロゲンを活性化させてくれるため、乳腺の発達が促されやすくなるのです。
プエラリアを含むバストアップサプリは、生理後から排卵日までの時期に摂取すれば、特に大きな効果を発揮してくれます。

バストアップサプリが生理に及ぼす影響とは?

女性の体内では、卵胞ホルモンのエストロゲンや黄体ホルモンのプロゲステロンといった女性ホルモンが分泌されています。
女性ホルモンの分泌量は、体の周期に合わせて変動するもの。
生理が終わったあとにはエストロゲンの分泌量が増え、排卵を境にプロゲステロンの分泌が増えていきます。

生理中には、通常はエストロゲンが減少します。この時期にプエラリアを含むバストアップサプリを服用すると、エストロゲンの量が増えて女性ホルモンのバランスが大きく崩れてしまうのです。
生理中に女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、生理が重くなったり、出血が増えてしまったりすることがあります。
また、中には生理中のバストアップサプリ服用によって頭痛や吐き気といった深刻な症状が現れる女性もいます。

バストアップサプリの成分や効果をチェックしよう

バストアップサプリの成分や効果をチェックしよう

バストアップサプリの中には、生理中に飲んでしまうと体にさまざまな影響を及ぼしてしまうものがあるのは確かです。
しかし「生理中のバストアップサプリは絶対NG!」というわけではなく、生理中でも服用OKというバストアップサプリも数多くあるのです。
大切なのは、バストアップサプリに含まれる成分とその効果について理解しておくこと。
最近では、排卵期や黄体期といった生理周期に合わせて飲めるサプリメントも市販されています。
こういったサプリを取り入れれば、バストアップ効果が期待できるだけでなく、女性ホルモンのバランスも整いやすくなるのが嬉しいですね。

バストアップサプリには、生理中に服用すると体に悪影響を及ぼしてしまうものと、そうでないものがあります。
バストアップサプリを選ぶときには、生理中の服用が可能かどうかという点だけでなく、サプリが体にどういった効果を及ぼすのかについてもきちんと確認しておきたいですね。
資料提供:池田ゆう子クリニック