バストアップを叶える鍵は「血行」!? 今すぐ始めたい血行促進術

バストアップを叶える鍵は「血行」!? 今すぐ始めたい血行促進術

バストアップのために食べ物や下着など、細かいことにまで気を使っている、という女性は多いもの。
しかしいくら気をつけていても、血行が悪くなっているとバストが成長しにくくなるってご存知でしたか?
血行とバストアップにはどのような関係性があるのか、美しいバストを手に入れるための血行促進方法とあわせてご紹介します。

バストアップには血行アップが欠かせない! その理由とは

・ホルモンバランスが整う

バストを成長させるためには、女性ホルモンを正常に分泌する必要があります。
そこで欠かせないのが、血行促進です。血液の循環が良くなるとホルモンを作り出す器官の働きも良くなり、ホルモンバランスが整いやすくなります。

・バストに栄養が行き渡りやすくなる

血行が良くなると、バストそのものにも栄養が行き渡りやすくなります。
乳腺の発達に必要な栄養素が血液によってスムーズに運ばれることで、バストもボリュームアップしやすくなるのです。

うつ伏せで寝るとバストが圧迫されやすい

うつ伏せで眠るとバストに体重がかかって圧迫される形になります。
この状態が続くと血流が悪くなり、バストに必要な酸素や栄養が行き届かなくなってしまうのです。
眠っている間に分泌される女性ホルモンは、バストの成長に欠かせません。

しかし、うつ伏せ寝による血行不良が起きると、女性ホルモンがバストに行き届かなくなります。
すると乳腺脂肪が衰えて成長が止まったり、バストが縮んだりする可能性があるのです。

バストアップにつながる血行促進方法

バストアップにつながる血行促進方法

・湯船に浸かる

お風呂に血行促進効果があることは、皆さんすでにご存知ですよね。ただし、より良い効果を得るためには、お湯の温度に注意する必要があります。
大切なのは、38~40℃のお湯に20分ほどゆっくり浸かること。
こうするとリラックス作用をもたらす副交感神経が働き、全身の血流がスムーズになります。 反対に、熱いお湯による短時間入浴は、体を興奮状態にさせます。朝や昼の入浴なら構いませんが、睡眠前は避けるようにしましょう。
・入浴中・入浴後にバストマッサージをする

バストのマッサージを行うと乳腺が刺激され、ハリやボリュームがアップする効果が期待できます。ただしマッサージは、行うタイミングがとても重要です。
血流が良くなっている状態で行わないと、その効果が半減してしまうのです。 バストアップマッサージをするなら、入浴中もしくは入浴後がベスト。
お湯にゆっくり浸かり、体を温めてから行うようにしましょう。
運動をする

筋肉には血流を促すポンプのような役割があり、運動を行うとその機能が活発化して血行が良くなります。運動の種類は、ストレスを感じないものなら基本的に何でもOKです。バストアップエクササイズや筋トレはもちろん、ウォーキングやダンスなどでも良いでしょう。 ただし、揺れが激しいスポーツを行うと、バストを支えているクーパー靭帯に負担をかける恐れがあります。
揺れによる損傷を最小限に抑えるために、ホールド力のあるスポーツブラを着用しましょう。

血行が良くなるとバストが成長しやすくなるだけでなく、肌や髪、爪などの美しさもアップします。
女性としての魅力をさらに引き上げるために、血行を意識した生活を心がけていきましょう。 資料提供:池田ゆう子クリニック