美しいバストをキープしたい! ブラジャーの買い替えサインをチェック

美しいバストをキープしたい! ブラジャーの買い替えサインをチェック

ブラジャーは生地が破れたり金具が壊れたりするまで使い続けるという方もいるかもしれません。
しかし、古くなったブラを使い続けると、バストに悪影響が及んでしまうので注意が必要です。
形のいいバストラインをキープし続けるためにも、ブラの傷みをきちんとチェックし、定期的に買い替えましょう。
そこで今回の記事では、ブラをチェックするときのポイントや買い替えのサインについて紹介します。

ブラの買い替えサイン1:カップが型崩れしている

ブラが全体的にくたびれてきたときや、バストを包み込むカップの形がしわしわになりへこんでいるときには、買い替えを検討しましょう。
形の悪いブラを使い続けると、バストのシルエットが崩れてしまうこともあるので要注意。
ブラを洗濯したあとにはカップの形が整っているかをチェックしておきましょう。
カップにへこみや歪みが出てきたら、ブラを買い替えるのがおすすめです。

ブラの買い替えサイン2:ワイヤーが歪んでいる

ブラのワイヤーは、バストを支えて形をキープする重要な役割を担っています。
ブラのワイヤーが歪んでしまうと、バストの形は崩れやすくなってしまうものです。
古いブラを使い続けるとワイヤーが露出し、肌にかぶれや傷を作ってしまうこともあるので気をつけたいですね。
ワイヤーの形が歪んできたと感じたら、すぐにブラを買い替えましょう。

ブラの買い替えサイン3:生地が伸びている

ブラをチェックするときにはカップ部分だけでなく、サイドの生地も見落とさないようにしたいものです。
ブラのサイド部分は、背中や脇をサポートしてバストラインを綺麗に保つ重要な役割を持ちます。
ブラが劣化して生地が伸びた状態で使い続けると、バストラインが崩れて背中や脇に段差ができてしまうこともあります。

ブラの買い替えサイン4:ストラップが肩からずり落ちる

ストラップの長さをきちんと調節しているにもかかわらずブラのストラップが頻繁に肩からずり落ちてしまうという経験はありませんか?
ブラジャーが古くなってくると、ストラップが伸びたりストラップの長さを調節するパーツが劣化したりして、ストラップがずれやすくなります。
ストラップがずれるとバストの位置がキープできなくなるので、買い替えたほうがよいでしょう。

ブラの買い替えサイン5:カップからバストが浮く

ブラの買い替えサイン5:カップからバストが浮く

ブラを着けたときにカップが浮いた感じがするときにも、買い替えを考えましょう。
ブラが合わなくなる原因には、ブラの形崩れと体型の変化の2つがあります。
体に合わないブラを使い続けるとバストラインはどんどん崩れていくものです。
新しいブラを購入するときには、きちんと試着した上でバストにフィットするものを選びたいですね。

バストラインは一度崩れると元に戻すのが非常に困難なので、古いブラを使い続けるのは避けましょう。
美しいバストラインをキープするためには、バストの形をしっかりと整えてくれるブラを使うことが大切です。
最近ブラを買い替えていないという方はこの機会にブラの傷みをチェックし、新しいものに買い換えてみてはいかがでしょうか。
資料提供:池田ゆう子クリニック