シリコン製インプラントの豊胸で、胸が光るってホント!?

シリコン製インプラントの豊胸で、胸が光るってホント!?

昨年、某テレビ番組の中で「シリコン製のインプラントを用いて豊胸手術をした女性の胸にライトを当てる」というVTRが紹介されました。
VTRの結末では、暗闇の中でインプラントが赤く光る様子が映し出され、大きな話題を呼んだのです。

視聴者からは、“日常生活の中で豊胸手術をしたことが周囲に気づかれる恐れがあるのでは”と懸念する声も多く挙がりました。
そこで今回は、シリコン製インプラントの豊胸手術によって本当に胸が光るの? という疑問を解くため、ある美容外科の医師が発表した事実確認の映像資料についてご紹介します。

シリコン豊胸で胸が光る!? 事実確認VTRの概要

2018年9月10日、日本テレビの番組「月曜から夜更かし」内で豊胸手術を受けた女性の胸が光る映像が放送された翌日、東京美容外科の小野医師による本現象の解説動画がYouTubeで公開されました。小野医師はこの番組の実験に関与していないものの、解説動画内で「放送を受けて多くの問い合わせがあった」と述べています。
動画では、豊胸手術に用いられるシリコンインプラント、シリコンを入れた胸、シリコンを入れていない胸それぞれにLEDライトを当てるという実験が行われました。

シリコン豊胸で胸が光るメカニズムを解説

小野医師による実験の結果、シリコンインプラントに光を強く押し当てた場合、インプラント自体がライトのように光り、形が浮かび上がりました。
続いて豊胸手術後の胸に光を押し当ててみると、ぼんやりとインプラントの形が浮き出るのが確認でき、手術を受けていない胸では何も起こりませんでした。
ただし、インプラントそのものや豊胸手術後の胸が光る条件として、“ライトの光が外部に漏れないようにしっかりと押し付けた場合のみ”ということも判明したのです。

実際、ライトを物体から少しでも離すと、インプラントの形は分からなくなります。また、動画内ではブラックライトや携帯電話の照明では形が浮き出ないことも説明されました。
同医師は、この現象のメカニズムは、“水の入ったペットボトルがランプ代わりになる”という原理に似たものであると述べています。
強い光を集中的に当てることで、光が内部で反射し、インプラントそのものが発光しているように見えると説明しました。

日常生活においてシリコン豊胸の胸が光る心配は?

シリコン製インプラントの豊胸で、胸が光るってホント!?

検証の結果、条件によってはシリコンが光に当たって形が浮かび上がることは事実であることが分かりました。

しかし、非日常的な強い光を強く当てた場合に限られるため、そのようなシチュエーションは日々の生活の中で起こらないと考えられます。
また、もともと胸にある程度の脂肪や乳腺がある場合や、筋肉の下にシリコンを入れた場合は、胸が光る可能性がさらに低くなるのです。
このことから、日常生活の中で豊胸手術後の胸にライトが当たっても光る心配はないといえます。

豊胸した胸が光るという映像は、豊胸手術に関心のある方にとって大きな衝撃を与えたことでしょう。
しかし、あくまでテレビ番組内の企画として、胸が光るような条件を用意した上での実験結果です。
小野医師による解説動画にあるように、簡単にシリコンが浮かび上がるような心配はまずありません。

また、豊胸手術にはシリコンインプラントを用いる方法以外に、「脂肪注入法」という画期的な方法があります。
お腹や太ももなど、サイズダウンしたい部位から脂肪を吸引し、胸に注入するというものです。
バストアップと痩身が一度に叶うだけでなく、シリコンインプラントよりもアレルギー発症の心配も少ないと言われています。
豊胸手術に興味のある方は、脂肪注入法もぜひ検討してみてくださいね。
資料提供:池田ゆう子クリニック